自分で出来るおすすめの厄除け・厄払い

https://kaiun.koko-de.com

厄年

自分で出来るおすすめの厄除け・厄払いにはどんな方法がある?

自分で出来るおすすめの厄除け・厄払いを知ろう!

厄年となると、大きな災難が降りかかってくるかもしれないと不安になってしまいますよね。災害や事故や病気は気を付けていても避けられるものではないですが、できれば避けたいところです。

そのためには、厄落としや厄払いをしておくと安心でしょう。やれることはやっておく!それだけでも精神的に良い影響を与えると思います♪

神社やお寺に行くだけではなく、ほかにも自分でできるものもあるので、ぜひ厄年の人は取り組んでみてくださいね。

このページを読むと自分で出来る簡単な厄除け・厄払いを学べます☆

神社仏閣に厄年のお祓いに行く

厄年に神社に参拝

一番ポピュラーな方法としては、神社で厄払いをしてもらうという方法です。

時期としては、厄年になってから早いうちに厄払いをしておくといいようです。厄年は数え年なので、正月に1つ年をとるという考え方なので、できれば正月から節分の間に行うとよいとされています。

また、誕生日に行うというのも1つの方法でしょう。神社によって厄年の数え方というのは異なるので、行く神社に合わせて時期を選ぶか、自分の考えに合う神社を探して行くようにするといいでしょう。

簡易的に済ませることが出来る厄払いには予約の必要はありませんが、人が多い時期は長時間待つこともあるかもしれません。また、1回の厄払いの料金としては3000~10000円となっていますが、神社によって異なる場合があります。

そのため、事前に予約の有無やご祈祷料などはホームページなどで確認をしてから行くことをおすすめします。

厄除けの御守りや御札を授与いただく

厄除けのお守り

神社仏閣で参拝が終わったら、厄除けのお札、お守りをいただきましょう。

1000円くらいから買えるものです。ここはケチらないで買うことをおすすめします。種類がいくつか、あるところもあります。健康、交通安全など。自分が一番気になること。不安に思うことをカバーしてくれる存在だと思って身につけるといいと思います。

※お守りやお札は「買う」というへ表現ではなく「授与」という言葉を使います。

厄除け財布を持つ

厄年に厄除け財布

厄年に降りかかる災難にはさまざまな事柄が懸念されますが、その中にはなぜか出費が多くなってしまうということもあります。

突然の思わぬ出費を避けるためにも、厄除けの財布を購入してみるのも1つの方法でしょう。お守りなどは毎日身に着けて持ち歩くことで効果を発揮するので、財布ごと厄除けをしてくれるものに変えておくとより幸運をもたらしてくれるでしょう。

厄払いの効果が期待できる財布の種類としては、長いもの・七色のもの・うろこ模様のものがいいようです。このような縁起のよいものを選ぶとよりいいでしょう。

⇒ 厄除け財布の販売ページを見る!

厄除けとして自宅に盛り塩を置く

盛り塩

自宅の玄関口や部屋の四隅などの盛り塩を置くと、厄除けの効果が強いと言われています。使用する塩の種類としては粗塩に限定されます。

その粗塩を綺麗な三角柱、または円錐(えんすい)にしてお皿に置きましょう。この時、形はとても重要なので、難しい時は盛り塩を作るための型を購入してやってみましょう。

誰もが外で悪い気を身に纏ってしまうので、玄関に置いておくことでそれを帰宅した時に振るい落とすことができますし、家の中に置いておくことで部屋自体も浄化することができます。

また、寝室においておくことで、寝ている間にパワーを蓄えることができるため、よりいいと考えられています。

月に2度ほどは定期的に取り換えをするようにしましょう。盛り塩で使った塩は厄を吸収しているので、再利用はせずに捨てるようにしてくださいね。

縁起物専門店で取り扱っている「盛り塩作成キット 神社で祈祷済み」動画

粗塩風呂に入って厄落とし

お風呂にこぶし1つ分の粗塩を入れて入浴をしましょう。

日本には禊(みそぎ)という海水に浸かって体を清めるという文化がありますが、それを疑似的に行い厄落としをするという方法です。

お塩には清めるというパワーがあるんですね。お相撲さんが取組前に土俵を清めるのも「お塩」ですね。

また、粗塩のお風呂に入ることで肌の殺菌効果もあるので、美容や身体にもよいですね!美容関係に興味がある方は知ってると思うんですが「バスソルト」なんて呼ばれたりもします。近くに塩風呂、バスソルトをやっているところがあれば、お休みの日に、一回くらいは行ってみてはいかがでしょうか。

髪の毛を切って厄を切る

髪の毛には厄が宿ると言われています。

特に髪を伸ばしている女性などは厄がどんどん溜まってしまっている状態です。そのため、厄がたまった髪を切ってしまうことで、厄落としになります。

女性が失恋をした後にバッサリと髪を切ってしまったりするのは、無意識にそれまでの厄を落とす行動をしているのです。

厄年を機にイメージチェンジをするのもいいですし、あまり印象を変えたくないという人は毛先だけでも切ってみるといいでしょう。

不安な気持ちで毎日過ごしている方は、気分を変えることが出来るかもしれませんよ。

その日を境に運気が良くなるかもしれません。気になったら髪の毛を厄だと思ってちょっぴり切ってみてください。

家を綺麗に掃除して厄除け

水回りのお掃除

人が長く居る分、家には悪い気が溜まりやすくなっています。

そのため、家はこまめにきれいにしたり、換気をしていい空気が流れるようにしておく方がよいでしょう。

特に玄関や水回りは意識して綺麗にしておく方がよいと言われています。その日の汚れはその日のうちに流してしまうようにしましょう。

先ほど紹介した盛り塩などは、お掃除が終わってから行うのが正しいやり方です。

間違っても、埃だらけの上に盛り塩をしないようにしましょう。

厄年の期間にお掃除が習慣になるといいですね。本来はそのために厄年があるのかもしれません。「当たり前のことを当たり前にできる人間になりなさい」ということですね。

普段から神社に行き参拝をして厄除け

普段から神社に行き参拝をして厄除け

普段はあまり神社に行かないという人も、厄年の時には気にかけて神社を参拝してみましょう。

神様と縁を持つ機会を増やすことで自然と開運体質になり、厄が寄ってこれない身体に。意図せず厄除けに成ります。

神様が助けてくれるなんて信じていないという人もいるかもしれませんが、神社という神聖な場所で静かに手を合わせるという行為をすることで気持ちを落ち着け新たなスタートを切ることができるでしょう。

時にはそのように何かに焦ってばかりでなく、落ち着いて自然を感じる時間を作るだけでも物事の成り行きは変わってくると思います。

お寺、神社を普段のお散歩コースにしてみてはいかがでしょうか?ウォーキングやランニングをしている方も積極的にお寺や神社をコースに組み込んでみてください。

地元の氏神様に毎日挨拶できれば、きっと厄年から守ってくれると思いますよ。

まとめ 自分で出来るおすすめの厄除け・厄払い

厄年であっても、災難ばかり恐れていては何も行動できません。

ただ、どうしても不安な気持ちが消えなかったり、何か悪いことが起きるたびに厄年のことが気になってしまう方もいると思います。

そのような方は今回紹介したような厄払いの方法を試してみるといいでしょう。厄年でも平穏な日常を送れるように、自分に合った方法を見つけましょう。

まだまだ厄年が不安。。。という方はコチラのページも参考にしてみてください。

厄年が不安なあなたへ。厄年の不安に対する対処法
厄年が不安なあなたへ。厄年の不安に対する対処法

厄年が不安なあなたへ。厄年になったらどうすればいい? 厄年になったら特に何もなくても、いつ災難が降りかかってくるのかと不安になってしまうと思います。 誰もが通る道ですが、いざ自分が。。。厄年に。。。と ...

続きを見る

これがおすすめ!

七福財布・厄年財布

厄年に効く七福財布

七福神信仰にも結び付いた「七難即滅・七福即生」を基に考案された厄除け財布!

厄年の方にに最適なお財布ですが、通常の方が持っても厄除け効果が期待できるお財布だそうです。お守り的な感覚でお財布を持ち歩くのに最適な財布!御守りもお財布も肌身離さず持ち歩くのでこの財布ひとつで一石二鳥になりますね☆

  • この記事を書いた人

開運太郎ヲタ

開運太郎ヲタは20年以上、開運や縁起物について研究している開運オタクです!縁起物や開運グッズも自宅に山のようにあります!でもちゃんと仕事もして人付き合いも良好です。ポジティブな開運オタクです。このサイトが前向きに開運したい人の参考になればうれしいです☆

-厄年

Copyright© 開運ブログ 金運を上げる厄除け・運気アップの方法! , 2020 All Rights Reserved.